一定のキャリアを既に形成されている医師の皆さんにとっては、転職を検討する上で外せないのが「ベテラン医師」という肩書きを利用しての転職です。
どのような業界でも同じことですが、医師不足で悩んでいる様々な病院にとって、もっとも欲しがられる人材を挙げるとすれば、それは「スキルの高い医師」ではないかと思います。

専門性の高いスキルをもった医師、あるいは充分に経験を積んできた医師という存在は、この医療業界においては非常に重宝されるような存在です。
故に、ある意味では”転職先を選ぶ余裕がある”と言い換えることもできるかもしれません。

もしあなた自身がこれまでに思った程の高いスキルを有しておらず、先の将来に悩んでいる、そのようなシチュエーションであったとしても、実際にはそれほど悩むような必要はないのです。

逆に、あなたのこれまで培ってきた経験をうまく活かすことができるような転職を行うために、うまく活動を行う必要があるのです。
今回は、そのような医師としての経験がそれなりにある”ベテラン医師”の皆さんが、キャリアを利用して上手に転職するための方法についてお話をしていきたいと思います。

  需要の高いベテラン医師という存在

医者の転職と言えば、労働環境を変えるため、スキルアップのため、こういった目的で決意される方が多いものですが、いざ転職活動を進めていても、なかなか決まらないということもやはり中にはあります。

その理由はまちまちですが、簡単に言えば「転職する為の希望条件」と「転職先の人材に対する要望」とがうまくマッチングしない、というのが理由として挙げられます。
転職というのは双方の合意があってこそ成り立つもの。
良い人材だと判断してもらえたとしても、お互いの要望がマッチしなければやはり成り立たないものなのです。
その点、これまで充分に経験を積んでこられたベテランの皆様は自分をうまく売り込むための素地をもっています。

  若手の育成をメインとした転職という選択

例えば、あなたが前線に立って活躍をするのではなく、若手、後輩の教育やマネジメントをメインとした転職を検討するという手もあります。

若手の育成はいつの世も一つの大きなテーマ。
近年、どの業界も若手がなかなか育たず困っているという声があがっており、適切な教育、あるいはマネジメントを行う事のできる経験者は重宝されているのです。

経験値が高い医師としては、従来通り医師として前線で働くというのも一つの手ではありますが、このように全体の後方に立ち、それらを指揮していくというポジションで転職活動を行った方が、高収入、安定した生活を手に入れる事ができるのは間違いないのです。