キャリアアップを目的とした転職を検討している場合には、院長や開業を視野に入れるというのも一つの選択肢と言えるでしょう。

大抵の場合、多くの方々は転職にあたりこれまでの経歴を元に、より高収入・高待遇で受け入れてもらえる場所を探すものですが、キャリアアップが目的なのであれば、肩書きが変わるような転職をするのも好ましいものです。

もちろん、十分にスキルや経験を持っていることが前提となりますので、誰でもできるような転職ではないかもしれません。
しかし、これもまた医師が目指す一つのステージと言えるでしょう。

そこで、今回は冒頭にも述べました院長職、あるいは開業を視野に入れた転職とはどのようなものかを、もう少し具体的にお伝えしてまいりたいと思います。

  院長職を目指しての転職について

医者の転職に関して、もしあなた自身が開業を視野に入れていないのであれば、ある程度以上の年齢において目指す一つのステージとして病院の院長になるという選択肢が挙げられるでしょう。

試しに医師求人サイトを一度覗いて頂ければすぐお分かり頂けると思いますが、求人情報において積極的にこのような役職のお仕事を探してみれば、意外にもこういった役職も募集されているものです。

応募にあたっては、あなた自身のこれまでの経歴が重要視されてきますので、医師としてのスキルや経験はもちろんのこと、その病院との親和性(専門の診療科目など)、あなたがこれまでどのようなマネジメント経験をお持ちなのか、そういった部分に関する力量が求められるでしょう。

もしあなたがこれまでマネジメントに関するスキルを培ってきていなかったのであれば、事前にそのようなスキルを身につけられる役職に一度就かれることをお勧めします。

  経営者を目指しての転職について

医師として勤めている皆さんの中には、開業を視野に入れている方も多いと思います。
そのためには、一つの専門分野に特化したスキルを持つ事、経営に関するマネジメント能力を養うことが重要になってくるでしょう。

もし、これまで部下を持つなど責任ある管理職に就いたことがないのであれば、一病院を経営するためにも、一度部下をマネジメントするという経験、他者への責任を持つ様な業務経験を身につけておくことをお勧めします。

いずれの場合においても、一つお勧めしたいのは医師転職サイトが擁している転職コンサルタントなど、ある程度専門的な知識をお持ちの方に相談されることです。
病院の長になり、運営をしていくためには雇用であっても、自衛であっても”センス”や”スキル”が必要になってきます。

その点を踏まえて、客観的な意見を取り入れながら、展開を検討していくのが無難であると言えるでしょう。