医者の転職としては、病院勤務以外にも色々な選択肢があります。
産業医製薬企業保険業界公務員など、医師としての勤務先は非常に多岐に渡るものなのです。
昨今、医療業界においても多様な働き方がみられるようになってきており、時代は変化してきているとも言えるでしょう。
今でこそ医者と言えば病院というイメージではありますが、近い時代、今の様な働き方がマイノリティとして扱われることもあるのかもしれません。

さて、そこで今回は前述の幾つかの職種について、皆さんに色々な情報をご提供できればと思っております。
ぜひ最後までご覧下さい。

  医師としての経験は他の業種でも役に立つ

病院勤務をしている皆様が転職を目指す理由の一つには、労働環境を変えたい。
あるいはワークライフバランスをとりたいというものがあります。
こういった理由がある場合、病院から別の病院へと転職をしたとしても、”もしかしたら”同じような環境に陥ってしまう可能性もありますよね。
医療業界の方も色々と複雑化が進んでおり、また、不景気による影響なども少なからず出ているためです。

そこでお勧めなのが、これまでの経験をひっさげて別の業種へと転職するというもの。
皆さんも充分ご存知であろうものが上記の4種と言えます。

  産業医として働く

例えば、企業において、いわゆる簡単な健康診断や健康相談に乗ることが主な業務内容となる産業医は、今や人気の職種の一つ。
十分な待遇を受けられつつも、労働時間が決まっており、プライベートな時間をしっかりと守る事ができるためです。

  製薬企業や保険業界へ転職

また、同様の理由で製薬企業や保険業界への転職も非常に人気と言えるでしょう。
製薬企業においては、主に研究関連の仕事に就く場合が多く、薬品の評価なども業務内容となってきます。

保険業界においては、保険が適用となるかどうかをジャッジするための診察・診断がメインとなりますが、これはどの企業に就くのかで、業務内容の幅はそれなりに変わってきます。
場合によっては”業務内容がかなり広くなる”場合もありますので、焦らずに選ぶことが大切です。

  公務員として働く

最後にご紹介しておきたいのが公務員として働くというもの。
大きく分けると国家公務員医師地方公務員医師の2種にわけることができますが、転職先としては地方の職員を目指す方が多いというのが一つの特徴です。

また、地方と言っても市職員、都道府県職員など、実に多岐に渡り、待遇も異なります。
もし目指されるのであれば、充分に内容を吟味し、一度プロのコンサルタントなどに相談されることをお勧めします。