医者の転職という言葉、皆さんもどこかで聞いた事のあるフレーズではないかと思います。
一昔前、医師という職業は非常に高収入で安定しているといった時代もありました。
医師免許さえ取れば一生が安泰である、そんなイメージすら世間にはあったのではないでしょうか。
しかし、続く不景気や経済環境のゆらぎによって、昔のイメージは既に大きく崩れ始めていると言えるでしょう。

今では医師免許を持っている、というだけで安定した生活を送ることは難しくなってきています。
もちろん、他の職種と比較するとその収入には大きな開きがあり、あくまでも一般的なレベルでみてみれば「高収入」であり「安定したお仕事」であることは間違いありません。
ただ、「過労」や「私生活に時間がない」など、少し違った面での負担が大きくなってきているのです。

  続く医師不足と準備された選択肢

皆さんも今医師として働かれているのであれば、昨今医療業界内で騒がれている”※医師不足”という状況については、ある程度ご存知だと思いますが、この砂漠化のような減少は、今もなお広がり続けているのです。
その中、ぜひ皆さんに意識しておいて頂きたいのが転職と言う選択肢。

今の状況に満足し、安定している方も少なくはないと思います。
しかし、いつかどこかで何が起きるか分からないのが近年の経済状況でもあります。
そういった中、あらかじめ準備をしておくということは、震災に備えるようなもので、利こそあれど損するようなことはありません。

もしこれまで、このような転職という選択肢について、検討されたことがなかったのであれば、ぜひここで一度お考えになられてみることをお勧めします。

※医師不足に関して詳細は下記資料をご確認ください。
http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2012/12/028-041.pdf

  どのようにして動けばいいのか

現在、多くの医師達から人気を博しているのが医師転職サイトの存在です。
優良な医師転職サイトであれば、転職コンサルタントが常駐しており、担当として親身に相談に乗ってくれるのです。

医師の求人に関する質問や今後のキャリア形成についての相談など、様々な話をすることによって、あなた自身が選ぶことのできなかったような、よりあなた自身に合った求人を見つける事もできる、というのが人気の理由ではないかと思います。

もしこれから転職を意識するのであれば、このような医師転職専門サイトに無料登録を行い、転職コンサルタントに一度相談してみる、というのが一つの望ましい形と言えるかもしれません。

若手医師として転職でスキルアップを図る

医師にとって転職を行うということは、人生を左右するような重大な決断になることも非常に多いと思います。
しかしながら、医者としてのステージによっては、それほど大きな決断として捉えずとも、もう少し柔軟に対応することができるのではないでしょうか。

そこで今回お話を進めていきたいのが「若手の医師」として扱われるステージの方にとっての転職事情についてです。
医師としてはまだキャリアと呼べるようなものをしっかりと形成していない時期ではありますが、それ故に選択できる方法も多いと言えるでしょう。
それでは、その内容についてもう少し具体的にお話をしてまいりたいと思います。

  転職を決意する若手医師

医者の転職と言えば、皆さんも大体どのような理由があるのか、ということについて察しがつくのではないかと思います。
職場内における人間関係、キャリアアップ、ワークライフバランスをとるため、といった理由が一般的に挙げられるところではないかと思います。
そう考えてみますと、じゃあ転職を決意する人はキャリア的にみて中期以降の方々なのかと考えてしまいそうですが、実はそうではありません。

確かに、年代別に見てみますと40歳前後においてキャリアを考えた転職を検討する方が多いというのは統計的に数値が出ているようですが、実際にはその前後にも転職される方というのは決して少なくないのです。
その中には若手の医師もいるのです。
では何故若手の医師が転職を志すのか、それには大きく分けて2つの理由が考えられます。

  若手医師の転職理由①職場における人間関係

一つは入局した職場における人間関係が合わないといったパターン。
これは全ての医師にとって挙げられるものですが、やはり若手の方にとってもその職場における特殊な関係性が”自分には合わない”と考える方は少なくありません。

  若手医師の転職理由②スキルアップ

そしてもう一つが”スキルアップ”を理由とした転職です。
これはもう少し具体的に言えば、研修を経る中で、自分自身が選択した科目が合わないと感じる方が中には一定数いるとされています。
そういった方々の大半は、そうは感じるものの一先ずは一定期間習熟するために勤めるようですが、中には一つの方法として転科を目指す方もいらっしゃいます。

そうそうに個人病院などに転職するより、若手の方にとってはスキルを積む為に別の医局、診療科目を目指す方が、よりよくスキルアップするための環境を整えやすいと考える方が多いのです。
もしあなたが若手の医師だとして、今の環境に不満を抱えているのであれば、このような選択肢も視野に入れておくことをお勧めします。

どこに転職する?

【若手医師】

  医局を離れる決断をする
  病院以外で働きたい!研究医として働く
  企業に転職して産業医として働く
  医師の経験を活かして製薬企業や保険業界へ転職する
  地方公務員医師として働く

 

【ベテラン医師】

  長年の医師の経験を活かす!若手&後輩の教育やマネジメントができる職場に転職する
  十分にスキルや経験を持っているからこそ!開業をして経営者として働く

  肩書きを変えたい!院長職・役職を募集している医療機関に転職する
  そろそろ定年を見据えて無理なく働きたい!非常勤・スポット勤務で働く
  即戦力!医師が不足している地方で働く
  採用率高!特別養護老人ホームで働く